消えた「健康本の世界」のリニューアルバージョン


by netsociety

新宗教

阿含宗
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】桐山靖雄
【概要】(抜粋)
桐山の著作の多くは夫人が社長を務める平河出版社から刊行されているが、同社と阿含宗出版社は、ともに仏教学関連の専門書のほか精神世界関連の教養書などの対外的な出版活動を活発に行っている。

________________________________________
オウム真理教(現アーレフ)
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】麻原彰晃
紀藤正樹弁護士のオウム真理教情報
有田芳生 著「闇の男 上祐史浩―終らないオウム真理教」(同時代社、1999年12月10日 初版第1刷)より
III 信者たちは「特殊」か
1 信者の想い
●身体のために
(略)
健康のため、あるいは健康を回復したいという理由で、ヨーガを入口にオウムに入信した人たちは少なくない。

________________________________________
サイエントロジー東京( The Church of Scientology )
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】ラファイエット・ロナルド・ハバード( Lafayette Ronald Hubbard )
ハバード,L.ロン 著、上松恭一 訳「バトルフィールド・アース〈1〉踏みにじられた「地球」」(世界社;朝日出版社〔発売〕、2000年10月20日 出版)
ハバード,L.ロン 著「ダイアネティックス」(ニュー・エラ・パブリケーションズ・ジャパン、2000年3月10日 出版)
ハバード,L.ロン 著、一の瀬直二 訳「仕事と職場の人生学(サイエントロジー)―感情音階による安定と成功の科学」(ぱるす出版、1987年12月10日 出版)
宗教と人権弁護団ネットワークの集会での報告(1998.3.7)
American Family Foundationのサイエントロジー情報
Steve Hassanのサイエントロジー情報

________________________________________
ジー・エル・エー総合本部( GLA God Light Association)
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】高橋信次(昭和48年・会長~51年死去)
【後継者】高橋佳子(昭和51年~)、高橋一栄(昭和51年・会長=現)

________________________________________
宗教法人幸福の科学
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】大川隆法(昭和61年・主宰=現)

________________________________________
生長の家
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】谷口雅春(初代総裁~昭和60年死去)
【後継者】谷口清超(昭和60年・二代総裁=現)

________________________________________
世界救世教
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】岡田茂吉(教祖~昭和30年死去)
【後継者】岡田よし(昭和30年・二代教主~37年)、岡田斎(昭和37年・三代教主~平成4年)、岡田陽一(平成4年・四代=現)

________________________________________
五六七大栄会(みろくだいえいかい)
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】中島三千彦(昭和47年・会長~平成6年死去)
【後継者】中島多加仁(平成6年・二代会長=現)
【概要】(抜粋)
昭和45年(1970)、世界救世教による強引な組織の一元化政策(各教会を本部に吸収合併する組織改革)の強行に反対し、他のいくつかの教会と共に救世教を離脱。
最近は教内に「MD自然農法普及会」をつくり、琉球大学の比嘉照夫教授の提唱するEM(有用微生物群)技術に基づく自然農法、環境浄化(水質浄化、消臭など)の運動に力を入れている。

________________________________________
世界真光文明教団
HP
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】岡田光玉(初代教え主~昭和49年死去)
【後継者】関口榮(昭和49年・二代教え主~平成6年死去)、関口勝利(平成6年・三代教え主=現)
【概要】(抜粋)
教団の活動の中心にあるのは、手かざしによる真光の業であるが、これは人の魂と霊体・幽体を浄め、身体内に蓄積した毒素(濁毒)を溶かす一方、人間の不幸の原因の80%を占める霊障(死霊の憑依による障害)を解消する効果を持つとされる。

________________________________________
崇教真光
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】(岡田光玉を初代救い主として仰ぐ。)岡田恵珠(昭和49年・二代教え主=現)
【概要】(抜粋)
平成元年11月、高山市内に陽光健康センター(陽光診療所)を設立。
「光玉の勲章はインチキ勲章」ホームページ

________________________________________
世界基督教統一神霊協会
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【略称】統一教会
【創始者】文鮮明
紀藤正樹弁護士の統一教会=統一協会情報
全国霊感商法対策弁護士連絡会
American Family Foundationの統一協会情報
Steve Hassanの統一協会情報
カルト被害を考える会より
野の花会、しんぜん会(SHINZEN)、国際救援友好協会(IRFF)などのインチキ募金、珍味売り、占いなどを口実にした家系図、印鑑や念珠の販売、そして、街頭や一人住まいのアパート訪問での「意識調査アンケート」、ユニバーサルバレエやリトルエンジェルスなどの公演、天地正教や世界平和女性連合、世界平和統一家庭連合、大学ではCARP(原理研究会)の活動と、次々と様々な組織を作って市民に接近してくる統一協会は、実態を知らない市民に多くの被害を広げています。
青春を返せ裁判(東京)原告団・弁護団 編著「青春を奪った統一協会―青春を返せ裁判(東京)の記録」(緑風出版、2000年10月5日 初版第1刷)より
《422ページ》
「世界平和教授アカデミー」
大学の教授たちの集まりだが、実際の事務運営は統一協会(原理研)によってなされている。最近はあまり目立たないが八〇年代にはタカ派の論陣をリードするため『知識』という月刊誌を刊行したり、勝共連合と連動した各種活動をしていた。

《457ページ》
月丘夢路の人参液の宣伝チラシ
一和高麗人参茶
柿田睦夫 著「かもがわブックレット52 統一協会─集団結婚の裏側」(かもがわ出版、1992年9月8日 第1刷)より
偽装集団─統一協会の様々な「顔」
市民大学講座
シチズンズ・カレッジとも称す。自治体や新聞社の文化講座と見まちがうようなポスターで宣伝。それと知ってか知らずか、著名文化人、学者らが講師となっている。
《ポスターの写真》
市民大学講座 第7期生募集中!
メーン・テーマ 成熟社会への提言 心の時代の人間学
■“本物を語る”豪華な講師陣
白川義員
角間隆
谷沢永一
山田久志
渡部昇一
草柳大蔵

________________________________________
セブンスデー・アドベンチスト教団
HP
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【略称】SDA (Seventh-day Adventist)
【創始者】エレン・G・ホワイト( Ellen G. White )、ジョセフ・ベイツ( Joseph Bates )、ハイラム・エドソン( Hiram Edson )
【概要】(抜粋)
1830年代から40年代にかけてアメリカで展開したウィリアム・ミラー(1782~1849)らのイエス・キリスト再臨運動に源を発する。
活動内容や教義などには、プロテスタントの一派としてもいくつか特徴的なことがある。初期のころから、健康改革運動が展開され、1860年代には、煙草、茶、コーヒーなどの刺激物、肉類、酒類、刺激的な香辛料を摂取しない方針が決まる。ほぼ、同じころ、医療伝道の必要性も説かれるようになり、
医療活動に見られるように、SDAは健康に関心をもっており、1926年(大正14)から千葉の楢葉で健康食品の製造をしていた。戦後、1970年、学校法人に含まれていた食品部門が独立し、「三育フーズ」の名前で無添加食品やグルテンミートなどを中心に製造、販売するようになった。

________________________________________
法の華三法行
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】福永法源
法の華三法行 毎日新聞報道
紀藤正樹弁護士の法の華情報

________________________________________
マハリシ総合研究所
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】マハリシ・マヘシ・ヨギ
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー 著、マハリシ総合研究所 監訳「超越瞑想と悟り―永遠の真理の書「バガヴァッド・ギーター」の注釈」(読売新聞社、1997年6月11日 第2刷)より
[著者]マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー
科学者、哲学者、教育者。
1957年、超越瞑想(TMプログラム)を創始、1971年、創造的知性の科学を創始、アマリカにマハリシ国際大学を創立。1975年、スイスにマハリシ・ヨーロッパ研究大学を創立。1976年、啓発の時代の世界政府を創立。1985年、完全な健康のための世界計画を発表。1988年、地上の楽園構築のための世界計画を創始。1994年、世界各国に、マハリシ・ヴェーダ大学およびマハリシ・アーユルヴェーダ大学を設立。主著として、「存在の科学と生きる技術」(日本語訳「超越瞑想入門」読売新聞社)「政府の絶対理論」(マハリシ・ヴェーダ大学)等がある。

[監訳]マハリシ総合研究所
[監訳者] 小山克明、小早川知広、楡井英夫、楡井康郎
国際マハリシグループは、科学者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーにより、人類の幸福と完全な健康、世界の平和と繁栄を達成するために1958年に創立。日本には、マハリシ総合研究所が1974年に設立される。オランダに国際本部を置き、世界100か国以上に1,500か所の教育センター、大学、初等中等教育機関、研究所、健康センターを設立。
教育、健康、産業、行政、リハビリテーションなど世界各国の各領域において自己啓発プログラム、健康増進プログラム導入を政府および民間プロジェクトとして推進。400万人の指導実績を有する。また、研究活動、出版活動を行うほか、医薬品、健康食品の研究開発、途上国援助プログラムも推進している。イデオロギー、政治、民族、宗教を超えた国際組織として、その地球貢献活動は多大なる評価を得ている。
関連図書:「超越瞑想入門」(読売新聞社)「超越瞑想TMの奇跡」(PHP研究所)「TM瞑想法がよくわかる本」(ダイヤモンド社)「瞑想の生理学」(日経サイエンス社)「悟りの経営」(到知出版)「心の地球革命」(春秋社)その他。
American Family FoundationのTranscendental Meditation 情報
Steve HassanのTranscendental Meditation (TM Movement) 情報

________________________________________
理想教
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】大江兆心(始祖~昭和51年死去)
【後継者】大江恆心(昭和51年・二代神代~昭和62年)、大江慧心(昭和62年・三代神代=現)
【概要】(抜粋)
その教えは苦難の原因を浄化されない霊(逆行霊)の因縁に求め、その霊を浄化することで因縁の解消をはかるという思想が中核となっているが、油湯法(沸騰した油に手を入れる儀礼)という独特の救済儀礼を創出し、因縁自覚の手がかりとして内観法を積極的に活用するなど、大教団とはいえないが独自の道を歩んでいる。

________________________________________
パーフェクト リバティー教団
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】金田徳光(幽祖~大正8年死去)、御木徳一(初代教祖~昭和13年死去)
【名称の変遷】大正14年御獄教徳光大教会本部、昭和3年扶桑教一等直轄人道徳光教会大本部、6年扶桑教ひとのみち教団、21年PL教団、42年パーフェクト リバティー、49年パーフェクト リバティー教団(略称PL)
【概要】
昭和11年(1936)に始まる弾圧により、御木徳一の開いたひとのみち教団が昭和12年に解散させられ(ひとのみち事件)、同志は地下活動を余儀なくされる。(略)

________________________________________
(社)倫理研究所
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
新宗教主要関係図
徳光教─ひとのみち系教団系統図

昭和11年(1936)に始まる弾圧により、御木徳一の開いたひとのみち教団が昭和12年に解散させられ(ひとのみち事件)た。戦後、昭和21年(1946)に復活した際、パーフェクトリバティー教団(PL)、丸山敏雄の(社)倫理研究所、上広哲彦の(社)実践倫理宏正会の三つに分派。(社)倫理研究所、(社)実践倫理宏正会は非宗教団体。

________________________________________
宗教心理学研究所
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】本山博(昭和35年・所長=現)
【法人関係】宗教法人玉光神社所属。
【概要】宗教法人玉光神社の宮司を兼ねる本山博が、(略)玉光神社の敷地内に設立した。(略)平成3年(1991)、南カリフォルニア大学院(SCI)と提携し、その日本校を設立。4年、スタンリー・クリップナー等を教官に擁するカリフォルニア人間科学大学院(CIHS)を、カリフォルニア州政府の認可のもとに設立した。6年、CIHSと提携関係をもつ本山人間科学大学院・日本センターを設立した。

________________________________________
玉光神社(たまみつじんじゃ)
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】本山キヌエ(教祖~昭和49年死去)
【後継者】本山博(昭和49年・宮司=現)

________________________________________
ワールドメイト
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】深見東州(昭和52年・主宰=現)
ワールドメイト被害救済ネット

________________________________________
日本ラエリアン・ムーブメント (Japanese Raelian Movement)
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】クロード・ボリロン・ラエル (Claude Vorilhon Rael)

________________________________________
創価学会
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】牧口常三郎(昭和5年・初代会長~19年死去)
【後継者】戸田城聖(昭和26年・二代会長~33年死去)、池田大作(昭和35年・三代会長~54年・辞任)、北條浩(昭和54年・四代会長~56年死去)、秋谷栄之助(昭和56年・五代会長=現)
【概要】(抜粋)
創価学会は、基本的には日蓮正宗の講的な性格をもって展開してきたが、従来の講概念ではとらえきれない面が多くあり、そのために日蓮正宗との間にさまざま葛藤を余儀なくされた。また、そのときどきの社会状況に対応する布教法と組織法をとったこともあり、昭和20年代後半から40年代前半にかけて急速な教勢拡大を続け、現在新宗教のなかでは最大の規模の教団となっている。

________________________________________
天理教
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】中山みき(教祖~明治20年死去)
【後継者】飯降伊蔵(明治20年・本席~40年死去)、中山眞之亮(新治郎)(初代真柱~大正3年死去)、中山正善(大正4年・二代真柱~昭和42年死去)、中山善衛(昭和42年・三代真柱=現)。真柱は明治41年から昭和21年まで管長を兼ねた。

________________________________________
新生佛教教団
井上順孝、孝本貢、対馬路人、中牧弘允、西山茂 編「新宗教教団・人物事典」(弘文堂、1996年1月30日 初版1刷)より
【創始者】秋本日釈(昭和29年・遷主=現)

(以上、健康本の世界より引用)
[PR]
by netsociety | 2009-04-20 11:06 | 新宗教